ドラッグの話、何でもOKなホットライン“ドラッグOKトーク”はこちら

❸ 厳しく処罰するほうが、ドラッグの予防になるの?

厳しく処罰するほうが、ドラッグの予防になるのかな?

重い犯罪だから、ドラッグを使うのはやめておこうってことでしょ。わかる気がするけど。

もし犯罪とかじゃなかったら、使いたくなる?

そういうことってあるような気もする。

まあ、試してみてもいいかなって思うのもわかるかも。

ほら、そうなるでしょ。

けど、物によらない?

そんなひどいことにならないのもあるでしょ。初心者向けみたいなの?

全部が全部、同じなの?

んー、そんなこともないような気がする。

みんながひどいことになっているって感じはしないよね。

でしょ。だから、軽めなものなら、ちょっとって。

それが破滅の入り口、みたいなやつじゃないの。そういう考えが危険なんだって。

べつに破滅したいわけじゃないのよ。ちょっとした好奇心?

それがだんだんとやばくなっていくんでしょ。

けど、なんかやばいかもって思ったら、早いうちに病院かどこかで相談しやすくない?

だって犯罪じゃないから。

ほんとだね。

今みたいに重い犯罪だったら、困ったときに相談しにくいよね。

ずーっと、誰にも相談できなさそう。そっちのほうが危険じゃない?

だから、厳しくしない方が良いような気がするんだけど、違うのかな?

でも、なかにはもっとやばいものもありそうじゃない。

厳しくなかったら、そういうのを使う人もでてくるんじゃない?

もっとやばいのって、どうなるんだろうね?

どういう感じかな。

テレビやポスターとかではゾンビみたいになってるのを見たことあるけど、あれはあれで嘘っぽい。

実際に見たことも、聞いたこともないしね。

けど、もし本当に体に悪いんだったら、やっぱり重い犯罪とかじゃなくて、病院とかで診てもらえたほうがよくない?

それもそうだね。

病院やドラッグストアで買ったクスリを遊びで使ったりするのも、乱用だったよね。

こっちは犯罪にはならないでしょ?

確かに。

それも犯罪にして予防しようっていうのは何か違う感じがするね。

でしょ。

厳しい処罰って本当に必要なの?

よくわからなくなってきた。

厳罰による薬物の防止効果はエビデンスがない

重い犯罪として厳しく処罰することで、薬物使用の予防効果があった、という話をきいたことがありません。信頼できる研究論文などで発表されているものを読んだこともありません。

一方で、厳しい処罰があるから日本の薬物問題がそれほどひどくない、という意見を聞くことがあります。けれども、それを実証した科学的な研究が提示されることはありません。そもそも因果関係を証明できるものはないでしょう。

厳罰による問題悪化のエビデンス

反対に、厳しい処罰で問題がよくなっていないというエビデンスはあります。たとえば、この日本でも薬物事犯の再犯者率(薬物の事件で逮捕された人のうちに、再犯者だった人の割合)がこの10年間、上昇しています。もし厳しい処罰が効果的なのであれば、もっと厳しくして、再犯者率が下がっているはずです。実際には、日本の政策も厳しい向き合い方から少しずつ方向転換をしているのです。

再犯防止効果が実証されたものはハームリダクション

海外で薬物事犯の再犯率が下がったエビデンスがあります。それは、警察が見つけたときに、逮捕しないで地域の生活支援サービスにつなげる取り組みをしたものです。今後、このサイトでもそうしたエビデンスをまとめていきたいと考えています。

そして、そうしたサービスにはハームリダクションというものが取り入れられているのです。

薬物はまったく問題がないということではありません。個人の薬物使用に関して、何かしら問題や困っていることがあるとすれば、それを犯罪ではなく、健康や生活に関する困りごととして関わる方が、個人と社会にとって、より役立つという視点が重要視されてきているのです。