クスリ・ドラッグ・薬物のこと、何でも話せる“OKチャット”はこちら

NYANとは

NYANは、薬物使用がある人の立場で権利擁護(アドボカシー)をおこないます。より良い薬物政策の発展のために活動するネットワーク・プロジェクトです。

正式名称は、日本薬物政策アドボカシーネットワーク(Nihon Yakubutsuseisaku Advocacy Network)で、略してNYANです。

私たちが考えるより良い薬物政策は、NYANのミッション(理念)に基づきます。アドボカシーとは、権利擁護、政策提言、(社会などに対して)声をあげる、という意味があります。

国内外のさまざまな関連分野で活動する団体・個人とのネットワークを広げています。薬物使用がある当事者(主に海外)、薬物依存症からの回復当事者、家族、ソーシャルワーク・福祉・保健・医療・看護などの分野、司法分野、障害者・LGBT・セックスワーカー・移住労働者(在留外国人)のコミュニティ、女性・母子をはじめ多様なジェンダーなど、さまざまな分野とのつながりを大事にしています。

この活動はNPO法人アパリ(アジア太平洋地域アディクション研究所)に拠点を置き展開しているものです。

ウェブサイトをご覧になってくださり、とても嬉しいです。何かご関心がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。どうぞよろしくお願いいたします。

代  表:上岡 陽江
事務局長:古藤 吾郎

ミッション(理念)

  • 薬物使用という事象に関して、依存症(アディクション)に限定せず、司法・医療分野と同様に、薬物使用がある人とその身近にいる人の健康と福祉尊厳と権利を大切にする社会の実現
  • 薬物・ドラッグについて、現実的・科学的・合理的な理解が深まり、人々に差別と偏見をもたらすスティグマが解消された社会の実現
  • 薬物使用がある当事者が中心となり、アドボカシー活動ができる社会の実現

活動内容

  • より良い薬物政策・薬物問題への取り組みのため、国内・海外のネットワークの構築・拡大
  • ネットワークを通じて情報収集・情報発信
  • 民間機関や行政機関などへのコンサルテーションや提言、協働での事業実施など
  • 関連するトピックに基づくイベント、研修、ワークショップなどの開催やコーディネート
  • より良い薬物政策につながる取り組み(支援など)の実践

スタッフ紹介

上岡陽江(代表)
ダルク女性ハウス施設長/精神保健福祉士。10代から処方薬依存・摂食障害・アルコール依存を経験し、20代半ばで回復プログラムにつながる。1991年に薬物・アルコール依存をもつ女性をサポートするダルク女性ハウスを設立。依存症の母親とその子どものための包括的な支援に注力。当事者への支援に加え、援助職者のための研修、グループワーク、スーパーバイジングなどにも従事。2018年より、東京大学熊谷晋一郎研究室にて協力研究員として、当事者研究事業に参加。

古藤吾郎(事務局長)
ソーシャルワーカー/精神保健福祉士。2005年に米国コロンビア大学大学院にてソーシャルワーク修士課程修了。薬物使用に関わる相談援助、ハームリダクション、アドボカシーなどを学ぶ。NPO法人アパリ(アジア太平洋地域アディクション研究所)にて薬物を使用する人のための相談支援を担当し、東京都精神保健福祉センター・東京保護観察所などでグループワークを実践。また、日本在留難民の生活支援(2017年まで)、DV加害者男性教育プログラムにも従事。上岡同様に、2018年より東京大学熊谷研究室の協力研究員。

沿革(ヒストリー)

  • 2015年11月:薬物政策発展のための国際的なファンドを受け、本格的な活動を開始
  • 2016年 4月:国連麻薬特別総会(UNGASS)に政府代表団顧問として参加(上岡・古藤)
  • 2017年 8月:「ハームリダクションとは何かー薬物問題に対する、あるひとつの社会的選択」(中外医学社)を編著(精神科医松本俊彦氏とともに編著)
  • 2017年10月:米国の薬物政策改革運動の第一人者であるイーサン・ネーデルマン氏の来日、法務省での会合を調整
  • 2018年〜  :全国薬物依存症者家族会連合会(やっかれん)と連携し、厚生労働省、法務省、文部科学省などの省庁との会合に参加
  • 2018年〜 :法務省の「札幌刑務支所における女子依存症回復支援モデル事業」にコンサルテーションとして参加。10月にはバンコク (タイ)で開催された「国際治療共同体(TC)学会」にて当該事業について発表
  • 2018年 5月:やっかれんフォーラムのゲストスピーカーとして豪州のファミリードラッグサポート代表トリミンガム氏の来日をコーディネート。
  • 2018年 9月:国連アジア極東犯罪防止研修所(UNAFEI)による国際研修のため、海外客員専門家(オーストラリアの医師 アレックス・ワードック氏)招聘のサポート及び講義講師(上岡)として参加
  • 2019年〜 :女子刑務所のあり方研究委員会に委員として参加
  • 2019年 4月:やっかれんメンバーによるハームリダクション海外視察(オーストラリア)をコーディネート
  • 2019年 7月:法務省主催の「再犯防止シンポジウム2019 依存症からの回復」にパネリスト参加
  • 2019年10月:東京大学先端科学技術研究センターと「構造的スティグマとしての隔離〜障害・ジェンダー・依存症と刑務所」を主催(東京大学熊谷晋一郎研究室と協働)
  • 2020年 1月:東京大学先端科学技術研究センター主催のインクルーシブ ・ラボ・プロジェクトのキックオフイベントにて発表
  • 2020年 1月:龍谷大学ATA-net研究センターキック・オフ・シンポジウムにパネリスト参加。米国からのゲストスピーカーのイーサン・ネーデルマン氏をサポート
  • 2020年 4月:NHK制作「ハートネットTV」(特集:ハームリダクション )に出演(上岡)、企画のサポート(海外取材先のコーディネート支援など)
  • 2020年 4月:国連薬物・犯罪事務所(UNODC)とともに第14回国連犯罪防止刑事司法会議(通称:京都コングレス)へのイベント参加を調整(会議は新型コロナウイルスの影響により延期)
  • 2021年 3月:国連ウィーン事務局内に設置されるVNGOC(国連ウィーン事務局NGO委員会)に加入
  • 2021年 3月:第14回国連犯罪防止刑事司法会議(通称:京都コングレス)にて、国連薬物・犯罪事務所(UNODC)が主催するサイド・イベントにゲストスピーカーとして登壇

国際的な会合・学会・研修などへの参加

  • Decriminalisation Advocacy Meeting(ダブリン/アイルランド. 2020年2月)
  • “Tools and Methods for Social Change and Policy Reform” Workshop/ISSDP Regional Conference: “Drug Policy in Asia: Rights, Wrongs, and Emerging Trends”(香港/中国. 2019年10月)
  • International Harm Reduction Conference(ポルト/ポルトガル. 2019年4月)
  • CND (Commission on Narcotic Drugs) 62nd session(ウィーン/オーストリア. 2019年3月)
  • “New Challenge of Making an Innovative Public Prison-Based TC in Japan” in 27th WFTC World Conference(バンコク/タイ. 2018年10月)
  • International AIDS Conference (アムステルダム/オランダ. 2018年7月)
  • The third global consultation for the development of international guidelines on human rights and drug policy(バンコク/タイ. 2018年6月)
  • Support. Don’t Punish (SDP) in Asia:Communications Training Workshop(バンコク/タイ. 2018年4月)
  • CND (Commission on Narcotic Drugs) 61st session(ウィーン/オーストリア. 2018年3月)
  • Building a sustainable future – financial tools and techniques(ブタペスト/ハンガリー. 2018年2月)
  • Harm Reduction Academy Module3, Cycle 4(クアラルンプール/マレーシア. 2018年1月)
  • Harm Reduction Academy Module 2, Cycle 4(モンバサ/ケニヤ. 2017年11月)
  • “Dawn of Harm Reduction: Policy and Practice in Japan” in 27th IFNGO Conference(マカオ. 2017年11月)
  • “The Fight in Asia: Drug Policy Reform in an Unforgiving Region” in International Drug Policy Reform Conference(アトランタ/米国. 2017年10月)
  • Harm Reduction Academy Module 1, Cycle 4(キエフ/ウクライナ. 2017年9月)
  • “Challenge of harm reduction advocacy in the Japan’s social values of morality” in International Harm Reduction Conference(モントリオール/カナダ. 2017年5月)
  • IDPC Training of the Trainers Drug Policy Advocacy Workshop(バリ/インドネシア. 2016年9月)
  • The 2016 Asia & Africa Advocacy Fellowship Program on Drug Policy Reform(ロンドン/英国. 2016年6月)
  • Harm reduction advocacy initiative in Japan: Drug users and the stakeholders raised their voices for human rights and public health in International Harm Reduction Conference(クアラルンプール/マレーシア. 2015年10月)(NYAN準備期)
  • The Asian Human Rights and Drug Policy Program Fall Course(ジョードプール/インド. 2014年11月)(NYAN準備期)